MENU
lily_photo_UP(c)-

フォトコンテスト「TOKYO WOMAN」の特別審査員に自身もフォトグラファーとして活躍する リリー・フランキーさんが就任決定!!

April 5, 2017 • Company News

 

ゲッティイメージズ主催フォトコンテスト「TOKYO WOMAN」

作品応募期間を4月30日(日)まで延長決定!

 

デジタルコンテンツ(静止画、動画および音楽)を世界100カ国以上に提供する、世界最大級のデジタルコンテンツカンパニーGetty Images(本社、米国・シアトル)の日本法人であるゲッティイメージズ ジャパン株式会社は、世界の広告ビジュアルと独自のビッグデータから得られる女性の描かれ方の変遷を注視しており、今年発表のキーワード「Gritty Woman(グリティ・ウーマン 新フェミニスト宣言)」を基に、国際女性デーの3月8日(水)から4月30日(日)の期間、東京の様々な女性を切り取った写真を全国から募集するフォトコンテスト「TOKYO WOMAN」を開催しています。そしてこの度、イラストレーターや作家、俳優として活躍しフォトグラファーでもある、リリー・フランキーさんがフォトコンテストの特別審査員として就任することが決定いたしました。

リリー・フランキーさんが特別審査員として参加するフォトコンテスト「TOKYO WOMAN」では、昨今、ダイバーシティや女性の活躍がメディアで取り上げられている中、東京で活躍する様々な女性にフォーカスし、女性の持つ「屈強さ」「たくましさ」「エネルギッシュ」「勇気」「前向き」といったコンセプトをビジュアル化した写真をテーマに募集しています。

本コンテスト作品の中から活躍が期待されるフォトグラファーには、5月27日、28日に行われるゲッティイメージズ主催イベント「iStockalypse(アイストッカリプス) TOKYO」へご招待します。「iStockalypse TOKYO」では、ゲッティイメージズのクリエイティブチームによるグローバルにおける写真コンテンツのトレンドや写真撮影時のポイントをプロフェッショナル目線でレクチャーします。日本から世界へ。フォトコンテスト「TOKYO WOMAN」へのご応募をお待ちしています。

 

■リリー・フランキー/フォトコンテスト「TOKYO WOMAN」特別審査員

1963年11月4日生まれ。福岡県出身。武蔵野美術大学卒。イラストやデザインのほか、文筆、写真、作詞・作曲、俳優など、多分野で活動。初の長編小説『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』は2006年本屋大賞を受賞し230万部を超え、絵本『おでんくん』はアニメ化。音楽活動では、総合プロデュースした藤田恵美「花束と猫」(ポニーキャニオン)が「第54回 輝く!日本レコード大賞」において優秀アルバム賞を受賞。俳優としては、映画『ぐるりのこと。』でブルーリボン賞新人賞、第37回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞(『そして父になる』)、優秀助演男優賞(『凶悪』)ほか多数の映画賞を受賞。16年にも第40回日本アカデミー賞、第59回ブルーリボン賞でそれぞれ優秀助演男優賞を受賞。本年は、『美しい星』(吉田大八監督)『パーフェクトレボリューション』(松本准平監督)『一茶』(吉村芳之監督)と主演作3本をはじめ、そのほか複数作品の公開が控えている。

 

■フォトコンテスト「TOKYO WOMAN」実施概要

【TOKYO WOMANとは】

CREATIVE IN FOCUS 2017で発表された「Gritty Woman」を起点に、東京で活躍する様々な女性を切り取ったフォトコンテスト“TOKYO WOMAN”を開催。CREATIVE IN FOCUS 2017で発表された「Gritty Woman」では、これまでにない新しいタイプの女性が登場していることを発表。慣例や壁を打ち壊し、タフで粘り強く、真っ直ぐで、苦しい場面も積極的に関わっていく新たな女性像トレンドを予感しています。

今回のコンテストでは、東京の女性をテーマに、「屈強さ」「たくましさ」「エネルギッシュ」「勇気」「美しさ」「前向き」といったメッセージ性の高いコンセプトをビジュアル化してください。東京を舞台に生き生きと暮らす女性が描かれた写真が多く届くことを期待しています。そして、”TOKYO WOMAN”をきっかけに、より多くの人に新たな女性像を考える機会をお届けできればと思います。

https://communityassignments.gettyimages.com/ja/community-assignments/tokyo-woman/

 

【募集締め切り】

2017年4月30日(日)

 

【応募方法】

・当サイトに登録後、テーマに沿った写真を最大10枚アップしてください。

・最小で幅960 x 高さ720ピクセル、最大で幅3,500 x 高さ3,500ピクセルまでアップロードできます。

・ファイルはカラープロファイルを割り当てずに、RGBカラーフォーマットで保存してください。

・写真をアップロードする際に、その写真の被写体について、撮った経緯、普段のあなたのご職業、カメラ歴を100字程度で記入ください。

*ゲッティイメージズ・クリエイティブチームと、審査員がすべての応募作品を確認し、構成要素、独創性、技術、要件に合っているかを基準に優秀作品を選定します。

 

【応募資格】

応募作品をゲッティイメージズ/iStockからライセンスされることを希望する方、またメディア各社からの取材に対応いただける方。日本在住の方。(国籍は問いません)

 

【賞品】 *選ばれた方には、メールにて詳細をご連絡差し上げます。

・2017年5月 27日(土)、28日(日)に東京で開催するフォトグラファーイベント「iStockalypse(アイストッカリプス)Tokyo」へご招待。

 

■「Creative in Focus 2017」で発表された「Gritty Woman(グリティ・ウーマン)」

ここ数年、女性を描かれ方が劇的に変化しており、毎年新しいタイプの女性が登場しています。今年の注目の女性像は慣例や壁を打ち壊す、タフで粘り強い、真っ直ぐで、基本をおろそかにせず嫌なことからも目を逸らさない女性。一人のファイターであり、フェミニストであり、奇才なのです。自分がどのように見えるかよりも、自分が何をするべきかを考えてる、そんな女性のビジュアルが注目を集めています。

クリエイティブ・イン・フォーカス2017」の発表を記念し、特設サイトを開設致しました。ビジュアルトレンドの各キーワードの解説や画像、著名アーティストからのコメントを随時更新。また全文を日本語訳したPDFを無料(要登録)で読むことができます。

【特設サイト】 http://stories.gettyimages.com/ja/クリエイティブインフォーカス2017/

Related Posts

Comments are closed.

« »