MENU
Three peoples hands and arms forming a triangle

ゲッティイメージズ、 国連で採択された「持続可能な開発目標(グローバル・ゴールズ:Global Goals)」 の世界的プロモーションのため東京国際写真祭で写真展「Project Everyone」を開催

October 7, 2015 • Company News

~貧困、ジェンダー不平等、気候変動への対応といった17の目標を象徴する写真・映像を発表~

世界最大級の写真通信社であるGetty Images, Inc.(米シアトル、以下Getty Images)の日本法人であるゲッティイメージズ ジャパン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:島本久美子)は、国連で採択された「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals – Global Goals、以下グローバル・ゴールズ)」の世界的な認知拡大に向けた取り組みである「プロジェクト・エブリワン(Project Everyone)」の一環で、2015年10月9日から開催される東京国際写真祭で、写真展「Project Everyone」を開催することを発表しました。「Project Everyone」で展示される17点の象徴的な写真・映像シリーズは、貧困の撲滅、ジェンダー不平等の問題や気候変動への対応など、2030年までの達成を目指す17の目標を表現しています。

 

Project Everyoneは、映画『ラブ・アクチュアリー』や『ブリジット・ジョーンズの日記』などの脚本や監督を手がけた英国の脚本家、映画監督であり、人道主義者でもあるRichard Curtis(リチャード・カーティス)が発案したプロジェクトで、グローバル・ゴールズの大規模な啓発活動です。各国首脳がニューヨークの国連本部でグローバル・ゴールズを採択した2015年9月25日から、7日間で70億人にグローバル・ゴールズを周知することをミッションとしています。Getty Images は、創設パートナーとしてProject Everyoneに協力し、優れた写真や映像の提供や、優秀なフォトグラファーの派遣と撮影といった協力を行ってきました。屋外広告、デジタル広告、ウェブサイト、ソーシャルメディアを利用して作られたショートフィルムといったグローバル・ゴールズの認知拡大活動では、約2億点に上るGetty Imagesのコレクションから選ばれた力強い商用・報道用写真や映像が使用されました。また、Getty Imagesの契約フォトグラファーが関連するイベントを撮影しており、9月26日にニューヨークで開催された「Global Citizen Festival」や世界初となる国連総会での360°パノラマ撮影を実施しました。

 

写真展「Project Everyone」が開催される東京国際写真祭の開催詳細は以下をご覧ください。

日時: 2015年10月9日(金)~18日(日)

会場: ART FACTORY城南島(東京都大田区城南島2-4-10)

*「Project Everyone」は屋外エントランス付近の展示となります。

東京国際写真祭ホームページ: http://www.tipf.jp/japanese/

 

クリスティーナ・ガラッチ国連広報担当事務次長はProject Everyoneについて、2015年9月3日国連本部での記者会見にて次のように述べています。

「『持続可能な開発目標:グローバル・ゴールズ』の実施には、このゴールの存在が広く知られることが極めて重要になります。その意味で、リチャード・カーティス氏のProject Everyone以上の国連とのパートナーシップはあり得なかったと思います。グローバル・ゴールズが広く行き渡るよう、リチャード・カーティス氏が生み出す創造的なコンテンツに期待しています。」

 

根本かおる 国際連合広報センター所長は次のように述べています。

「2015年9月25日、『持続可能な開発目標:グローバル・ゴールズ』が国連で採択されました。15年後の世界の設計図となる、この意欲的な目標を実現するためには何が必要なのでしょうか?それは、イメージです。私たちは、この世界を形作ってきたこれまでのイメージを描き直す必要があります。瞬間を切り取り、光を操り、音を奏で、言葉を紡ぎ、私たちが望む未来のイメージを描かなければなりません。グローバル・ゴールズの達成に向け、だからこそ、世界中のクリエーターの人々の力が求められているのです。」

 

ゲッティイメージズ ジャパン株式会社の代表取締役社長 島本久美子は次のように述べています。

「グローバル・ゴールズの認知拡大のためには写真や映像が重要な役割を果たします。写真や映像は言葉を超越し、世界中の人々にわかるメッセージを届けることができるため、ソーシャルメディアやスマートフォンが普及した現代社会において、訴求効果が非常に高く、共通言語と言ってもよいでしょう。多くの方に今週末の本写真展をご覧いただき、それによってグローバル・ゴールズへの関心が広がることを願っています。」

 

Getty Imagesがグローバル・ゴールズへの関心を高めるために発表した象徴的な17点の写真は以下のURLをご覧ください。

http://www.gettyimages.com.au/collaboration/boards/XmigUcJUmUWn1eDyKj2w0A

 

 

また、Getty Images では、グローバル・ゴールズ認知拡大の活動に関連して、次のようなイベントやパートナーシッププログラムを世界中で展開し、活動をサポートしています。

– 全世界10万ヶ所の屋外広告に写真や映像を掲載(ニューヨークのタイムズスクエアからロンドンのピカデリーサーカス、クアラルンプールのペトロナスタワーまでに渡ります)。

– 英国の映画監督であり、人道主義者であるリチャード・カーティス監督によるショートフィルム『No Point Going Half Way』用の素材を提供。

– スティーヴン・ホーキング博士によるグローバル・ゴールズへのメッセージ『To save the world we need everyone to tell everyone(世界を救うためには、世界中の人々が一人ひとりにメッセージを伝える必要がある)』に映像素材を提供。

– 国連総会でのキャンペーン開始と、9月26日、ニューヨーク市のセントラルパークで開かれた「Global Citizen Festival」を報道写真で紹介。世界初の試みとして国連総会開催の様子を360°パノラマ写真で撮影。

– UNICEFとのパートナーシップで世界中の子供向けに行われた授業、「World’s Largest Lesson(世界一大事なレッスン)」用の写真・映像素材を提供。

– 独自の「Beneath the Surface」キャンペーンを展開。ゲッティイメージズ会長兼共同創設者であるジョナサン・クラインが選んだインパクトのある写真・映像を紹介し、ビジュアルが世界を変える可能性を強調。

Related Posts

Comments are closed.

« »