MENU

ゲッティイメージズ 食品・飲料会社ネスレの ビジュアルコンテンツにおける推奨プロバイダーに任命

March 7, 2019 • Company News

高品質のストックフォト・映像、撮影ソリューション、素材管理プラットフォームの提供で

代理店を含むネスレ社全社のビジュアル関連業務効率化を支援

デジタルコンテンツ(写真、ビデオおよび音楽)を世界200ヶ国以上に提供する、世界最大級のデジタルコンテンツカンパニーGetty Images(本社:米国・シアトル 以下ゲッティイメージズ)は、本日3月8日(金)グローバルに展開する食品・飲料会社Nestlé(以下:ネスレ)とその契約代理店を含む全関係者に、統合的なビジュアルソリューションの提供契約を締結したことを発表します。本契約によりネスレは、ゲッティイメージズの高品質かつ広範なストックフォト・映像の利用、撮影による独自素材の作成、ゲッティイメージズによる素材管理システムの利用が可能となります。ゲッティイメージズはこれよりネスレのコンプライアンスの推進とコスト削減、業務効率化の実現に貢献します。

今回ゲッティイメージズが提供する素材管理システム「メディアマネージャー」(http://mediamanager.gettyimages.com/jp/)は、デジタル資産の保存、管理、および共有を1か所で可能にするプラットフォームで、これにより世界中のネスレ従業員及び契約代理店、制作会社の担当者が必要なコンテンツを即時に利用できるようになります。

また、募集型素材提供サービス「カスタムコンテンツ」(https://solutions.gettyimages.com/ja/custom-content/)も提供します。カスタムコンテンツとは、ゲッティイメージズの撮影サービスの一種で、ゲッティイメージズの契約する25万人以上のフォトグラファー、ビデオグラファーから要望に沿った独自素材を募集し、クライアントへ提供するサービスです。これにより、ブランドイメージに即しながら、社会的、表現的に今のトレンドにあったビジュアル素材を世界中のトップクリエイター、ゲッティイメージズの専任者と制作することができます。制作された素材は、独占的かつ永続的にソーシャルメディア等、マーケティングや販促活動に利用が可能です。

ネスレのグローバルクリエイティブ&メディアリーダーのJuan Pendavis氏は本契約について、「これは私たちにとってエキサイティングなニュースです。ゲッティイメージズは、膨大な数のインパクトのあるビジュアルコレクションを保有しているので、創造性という観点からも効率性という観点からも、消費者とのコミュニケーションに大きな恩恵が得られるだろうと心から期待しています。」と、語っています。

ゲッティイメージズのグローバルセールス シニアバイスプレジデントのPam Woehrleは「今回ネスレ社に提供するカスタムコンテンツは、受賞歴のある作家、クリエイティブトレンド、25年以上の業界の経験、そして最新テクノロジーという当社ならではの方法を独自に組み合わせることができる点が魅力です。消費者が膨大な数のコンテンツを日常の中で目にしている昨今、他のブランドより目立つ独自のイメージを提示し、人々の共感を呼ぶことは、ブランドにとってこれまで以上に重要になってきます。ゲッティイメージズは、他とは一線を画した高品質のビジュアルコンテンツを提供することで成功へのサポートを行います。ネスレ社と連携し、真の感動的なキャンペーンを世界中で実施することを心から楽しみにしています。」と、本契約について述べています。

ビジュアルコンテンツ業界を牽引し25 万人以上のコンテンツ提供者と協業するゲッティイメージズと手を組んだ、世界最大の食品・飲料会社ネスレが今後提供するコンテンツにご期待ください。

 

Related Posts

Comments are closed.

« »